CentOSでTomcatのJavaヒープサイズを設定

   

Tomcatを初期設定のまま利用している場合、ヒープサイズに割り当てられる値が小さく、
起動時にOutOfMemoryが発生します。
※発生しました。

そこで、対応策として以下を行います。
メモリサイズは環境に応じて変更してください。

CATALINA_HOME/binにsetenv.shを作成

#!/bin/sh
 
JAVA_OPTS=”-server -Xms512M -Xmx512M”
 
export JAVA_OPTS

 -centos

  関連記事

WS0000004

CentOSのバージョン確認方法

以下のコマンドを実行します。 # cat /etc/redhat-release 実行すると結果がコ

WS0000004

CentOS 32ビットか64ビットか ビット数の確認方法

以下のコマンドで確認が可能となります。 uname -a x86_64と表示されていれば64bitで

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>