ノートPCの電源が入らなくなりました・・・ データ復旧と一時的な動作までの記録。これを読んだらすぐにバックアップを!!

   

昼まで稼働していたPCが、突然電源が入らなくなりました。

開発中のJavaソース一式がバックアップも取らぬまま。

色々試した結果と、それにかかった金額等です。

ネットで調べる

電源が入らなくなる事象はよくあることのようです。
電源アダプタを1回抜いて数回電源ボタンを押下してみると
改善することがあるんだとか。

⇒解決せず。

出張してくれる会社に連絡する

今回はこちらに連絡しました。

PC修理のパソコンの生活救急車

ネガキャンではないですが、結果としては大失敗。

バッテリーが内部に埋め込まれている構造で、ネジが特殊な形状(さくらネジだとか)である為
開けてしまうと傷が残りメーカーサポートが受けられなくなる、対処できたとしても応急処置鹿できない、と言われました。

まぁそうだろうな、とは思っていましたが、結局何もせず帰っていきました。

何もせず、出張費5000円、診断料3000円も取るぼったくり技術者でした。。。

⇒解決せず。「PC修理のパソコンの生活救急車」は二度と使いません。

ASUSサポートに電話してみる(1回目)

ネットで調べたところ、ASUSのサポート品質は最悪という書き込みがいたるところに見られたので
不安ながらも電話してみました。

話したところ、「電源ボタンを30秒押しっぱなしにすると改善できるケースがある」とのこと。

試してみましたが効果なし。

とはいえ、サポートの対応は悪くなったので、不満はありません。

⇒解決せず。

SUSサポートに電話してみる(2回目)

データの保証はしてくれないだろうな、と思いつつ電話。

案の定、保証できませんと。

ただ、「データの保証は民間の会社に依頼してください」とのこと。

後で「開けたから保障しません」と言われそうだが、上記の一言を盾に戦ってみようと思っている。
※やれと言われたからやったのにそれでサポートできないって詐欺か?と。

⇒解決せず。サポートしてくれるかどうかがASUSサポートがゴミかどうかの分かれ道?

民間の修理会社に行く

今回はこちらに伺いました。

イーライフ

電話し、当日持ち込みOK、解決までは難しいとは言われたものの緊急を要することだったので
即持ち込み。

電話の応答も技術者が行っている為会話が非常にスムーズ。

電源だけで治らない場合はバックアップを取ってほしい旨を伝えると、バックアップ先のハードディスク等を
求められたので行く途中にあるビッグカメラで購入。

ビッグカメラのパソコン館は道路の反対側なのでお気を付けて。

ビッグカメラの案内は非常に不親切。

売れ筋NO.1のハードディスクを購入するも、「在庫を確認します」と言われ10分ほど放置状態。

売れ筋の在庫ぐらい確認しておけよ、とここで買い物したくない気持ちを抑えながら
とりあえず購入。

イーライフに向かい、PCとハードディスクを渡し、急いでる旨を伝えて帰宅。

15時頃に電話があり、「閉店(18時)に間に合うかどうか。明日なら確実」と回答を得るも
終わりそうなら連絡をくださいと伝えたところ、快くOK。そして16:30頃電話をいただき受け取りに向かう。

バックアップ費用25000円、ハードディスク10000円、交通費1000円ほど。
※痛い出費・・・

結果、「マザーボードの故障」と診断されました。

無事にデータはバックアップが取れ、持ち帰って確認すると電源も入りました。

翌日、動作している状況できちんとバックアップを取り、ソース紛失時に依頼された
障害調査も終えることができました。

・・・と思ったつかの間、18時頃にまた電源が入らなくなりました。。。

⇒一時的に解決。イーライフは信用できるのでまた利用する。ただし、けっこうお金がかかる・・・

次回、ASUSサポートに連絡し、マザーボードの交換を要求します。

戻ってきたらバックアップから復元して解決。

あとはASUSがサポートしてくれるかどうかが一番の心配。

ASUSを二度と使わないかどうかがかかってます。また後日更新します。

 -pc

  関連記事

images

Windows8.1 キーボードが英字となる(日本語が入力できない)

ki-bo-do eiji nihongo 等で検索できるGoogleって有り難い。 久しぶりにPC

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>