UWSC マウス座標の確認

UWSC マウス座標の確認

座標を合わせているはずなのに異なる座標を
マウスが示している場合、簡易なプログラムで
実作業の確認が可能です。

[vb]
while true
sleep(1)
PRINT “x:” + G_MOUSE_X
PRINT “y:” + G_MOUSE_Y
wend
[/vb]

実際、MMVで指定していた座標と押下したいマウス座標が
異なっていました。。。

uwscカテゴリの最新記事