UWSC マウスポインタの下にある色を16進数で取得する

      2015/01/18

マウスポインタのを任意の位置に移動

MMV(x, y, 100)
// ※xとyは任意の座標、100の部分はミリ秒で置き換えてください

マウスポインタの下の色を取得(RGB)

color = PEEKCOLOR(x, y)

色を16進数に変換

color_red = color AND $0000FF
color_green= (color AND $00FF00) / $100
color_blue= (color AND $FF0000) / $10000
	
color_red = format(color_red, 0, -1)
color_green = format(color_green, 0, -1)
color_blue = format(color_blue, 0, -1)

color = color_red + color_green + color_blue

16進数色取得関数

関数化したのでコピペして使ってください。

function getColor(color)

	color_red = color AND $0000FF
	color_green= (color AND $00FF00) / $100
	color_blue= (color AND $FF0000) / $10000
	
	color_red = format(color_red, 0, -1)
	color_green = format(color_green, 0, -1)
	color_blue = format(color_blue, 0, -1)

	result = color_red + color_green + color_blue

fend

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC IE起動テンプレート

UWSCで対象のURLにアクセスする際に使用するテンプレートファイルです。 UWSCを起動し、「.u

WS000001

UWSC 画像URLを保存する

DOSコマンドで画像保存が可能です。 doscmd(“bitsadmin.exe /transfer

WS000001

UWSC 改行コードの削除

改行を全て削除する方法です。 ※CRやLFの説明は省略します。 test = replace(tes

WS000001

UWSC IEを全て閉じる

UWSCでIEを利用するケースが多々ありますが、 起動時や終了時にIEをきれいにしておきたいことがあ

WS000001

UWSC 属性を削除する

例えば、disable属性がついて押下できないボタンか ら属性を削除して押下できるようにします。 a

WS000001

UWSC 現在日時の取得とフォーマット

GETTIME()で現在時刻が取得され、変数に設定されます。 変数に設定された値はそれぞれ以下の値を

WS000001

UWSC URLの最後のスラッシュを除去する

if copy(url, length(url), 1) = “/” then url = copy

invitation_banner117

UWSC げん玉で毎日自動的におこづかいを入手する簡単な方法

げん玉に登録してください UWSCスクリプトを実行する 毎日ログインし、以下を実行してください。 毎

WS000001

UWSC 「Web ページからのメッセージ」でOKボタンを押下する

以下の例ではボタン押下2秒後に”OK”を押下して閉じます。 Thread P

WS000001

UWSC 証明書ダイアログ表示時の自動処理

ボタン押下時に証明書のダイアログが表示されますが、 自動的に「OK」をクリックして閉じるサンプルです

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>