UWSCで指定範囲のランダム値を取得

   

ハイフン区切りで数値の範囲を範囲指定することで、範囲内でのランダムな値を取得。
例えば10から30の間でのランダムな値を取得したい場合、”10-30″をパラメータとして渡す。

function getRandomSpan(span)

	spanAry = split(span, "-")
	target_min = val(spanAry[0])
	target_max = val(spanAry[1])

	// target_min - target_max 分の配列を用意
	dim hit[target_max - target_min]
	
	for i = 0 to target_max - target_min
		hit[i] = target_min + i
	next
	
	// ランダム値取得
	num = random(100)
	
	// ランダム値の上限まで配列を検索
	aryIndex = 0
	data = -1
	for i = 0 to num
	
		data = hit[aryIndex]
	
		aryIndex = aryIndex + 1
		
		// 配列数を超える場合、リセット
		if aryIndex >= length(hit) then
			aryIndex = 0
		endif
	
	next
	
	result = data
	
fend

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC MySQLへのODBC接続

MySQLへの接続で少しはまってしまいました。 以前Accessに接続した際は以下で問題ありませんで

invitation_banner117

UWSC げん玉で毎日自動的におこづかいを入手する簡単な方法

げん玉に登録してください UWSCスクリプトを実行する 毎日ログインし、以下を実行してください。 毎

WS000001

UWSCで例外処理とログ出力

使用時、使用するuwsファイルのある場所に「log」フォルダを作成してください。 ログフォルダ内に以

WS000001

UWSC 属性を削除する

例えば、disable属性がついて押下できないボタンか ら属性を削除して押下できるようにします。 a

WS000001

UWSC 証明書ダイアログ表示時の自動処理

ボタン押下時に証明書のダイアログが表示されますが、 自動的に「OK」をクリックして閉じるサンプルです

WS000001

UWSCでキャッシュ削除

IEのキャッシュを削除 キャッシュの容量が多い場合は少し時間がかかりますので、 Sleep(秒数)

WS000001

UWSC マウス座標の確認

座標を合わせているはずなのに異なる座標を マウスが示している場合、簡易なプログラムで 実作業の確認が

WS000001

ソラヒメ 自動レベル上げ&遠征ツール開発

ソラヒメでレベル上げ、遠征を自動的に行うツールを開発しました。 今のところ特に問題なく動作中です。

WS000001

UWSCでTwitter自動ログイン

Twitterに自動ログインするサンプルを作成しました。 UWSC本体、サンプルUWSファイル、実行

WS000001

UWSC 現在日時の取得とフォーマット

GETTIME()で現在時刻が取得され、変数に設定されます。 変数に設定された値はそれぞれ以下の値を

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>