UWSCで指定範囲のランダム値を取得

   

ハイフン区切りで数値の範囲を範囲指定することで、範囲内でのランダムな値を取得。
例えば10から30の間でのランダムな値を取得したい場合、”10-30″をパラメータとして渡す。

function getRandomSpan(span)

	spanAry = split(span, "-")
	target_min = val(spanAry[0])
	target_max = val(spanAry[1])

	// target_min - target_max 分の配列を用意
	dim hit[target_max - target_min]
	
	for i = 0 to target_max - target_min
		hit[i] = target_min + i
	next
	
	// ランダム値取得
	num = random(100)
	
	// ランダム値の上限まで配列を検索
	aryIndex = 0
	data = -1
	for i = 0 to num
	
		data = hit[aryIndex]
	
		aryIndex = aryIndex + 1
		
		// 配列数を超える場合、リセット
		if aryIndex >= length(hit) then
			aryIndex = 0
		endif
	
	next
	
	result = data
	
fend

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC Excelを全て閉じる

Excelを読み取りIEで自動処理を行う開発はよく行います。 開発中にデバッグしたりしていると、Ex

WS000001

UWSC MySQLへのODBC接続

MySQLへの接続で少しはまってしまいました。 以前Accessに接続した際は以下で問題ありませんで

WS000001

UWSC IEで表示最大化&最前面化

今回はIEを起動、Yahooを表示した後に最大化と最前面化を行います。 5秒経過後、終了します。 目

b09ab07a411e8f80f1032b3672b7949500dcd4a26fc01b85d0c6ce174b085f26_176713_130

ダウンロードの停止 ならびにダウンロード方法の変更

ダウンロードについて全て削除しました。 今まで公開していたサンプル等は別の形でダウンロード できるよ

WS000001

UWSC 改行コードの削除

改行を全て削除する方法です。 ※CRやLFの説明は省略します。 test = replace(tes

WS000001

UWSCでTwitter自動ログイン

Twitterに自動ログインするサンプルを作成しました。 UWSC本体、サンプルUWSファイル、実行

WS000001

UWSC マウスポインタの下にある色を16進数で取得する

マウスポインタのを任意の位置に移動 MMV(x, y, 100) // ※xとyは任意の座標、100

WS000001

UWSC IEを全て閉じる

UWSCでIEを利用するケースが多々ありますが、 起動時や終了時にIEをきれいにしておきたいことがあ

WS000001

UWSC URLの最後のスラッシュを除去する

if copy(url, length(url), 1) = “/” then url = copy

WS000001

UWSCでキャッシュ削除

IEのキャッシュを削除 キャッシュの容量が多い場合は少し時間がかかりますので、 Sleep(秒数)

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>