UWSC フォルダからファイル一覧を取得し、配列にパスを設定する

   

UWSC実行フォルダ下にあるinputフォルダから
CSVファイルの一覧を取得するサンプルです。
※0番目は利用しません

Dim fileAry[0]

inputPath = GET_CUR_DIR + "\input\"

fileName = ""
filePath = ""

// ファイル一覧取得(ファイル名でソート)
dirCnt = GETDIR(inputPath, "*.csv")

for i = 0 to dirCnt - 1

	fileName = GETDIR_FILES[i]
	filePath = inputPath + GETDIR_FILES[i]
	
	resize(fileAry, length(fileAry))
	fileAry[length(fileAry) - 1] = filePath

next

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC マウス座標の確認

座標を合わせているはずなのに異なる座標を マウスが示している場合、簡易なプログラムで 実作業の確認が

WS000001

UWSC 現在日時の取得とフォーマット

GETTIME()で現在時刻が取得され、変数に設定されます。 変数に設定された値はそれぞれ以下の値を

WS000001

UWSC Excelを全て閉じる

Excelを読み取りIEで自動処理を行う開発はよく行います。 開発中にデバッグしたりしていると、Ex

invitation_banner117

UWSC げん玉で毎日自動的におこづかいを入手する簡単な方法

げん玉に登録してください UWSCスクリプトを実行する 毎日ログインし、以下を実行してください。 毎

WS000001

UWSCでTwitter自動ログイン

Twitterに自動ログインするサンプルを作成しました。 UWSC本体、サンプルUWSファイル、実行

WS000001

UWSCで配列をランダムにシャッフル(並び替え)したい

Procedure shuffleAry(var keys[]) for i = 0 to leng

WS000001

ソラヒメ 自動レベル上げ&遠征ツール開発

ソラヒメでレベル上げ、遠征を自動的に行うツールを開発しました。 今のところ特に問題なく動作中です。

WS000001

UWSC IEで表示最大化&最前面化

今回はIEを起動、Yahooを表示した後に最大化と最前面化を行います。 5秒経過後、終了します。 目

WS000001

UWSCでキャッシュ削除

IEのキャッシュを削除 キャッシュの容量が多い場合は少し時間がかかりますので、 Sleep(秒数)

WS000001

UWSC IEを全て閉じる

UWSCでIEを利用するケースが多々ありますが、 起動時や終了時にIEをきれいにしておきたいことがあ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>