UWSC 文字コードを指定してファイルを保存する

   

CSVファイルを出力するサンプルです。

F_WRITE1 の部分で文字コードを指定できます。

F_WRITE1 ・・・SJIS
F_WRITE8 ・・・UTF8
F_WRITE8B ・・・UTF8(BOM付き)

F_WRITE8の場合、ファイル内に全角文字が存在しない場合
自動的にSJISとして保存されます。

上記が許容されない場合(必ずUTF8である必要がある場合)は、
F_WRITE8Bを指定してください。

// 出力
wid1 = FOPEN(outputfilename, F_WRITE1 or F_NOCR)

for i = 1 to length(lineAry1) - 1

	tmpAry = split(lineAry1[i], ",")
	output1 = ""
	for j = 1 to length(tmpAry) - 1

		if length(output1) > 0 then
			output1 = output1 + ","
		endif

		output1 = output1 + "<#DBL>" + tmpAry[j] + "<#DBL>"
	next

	FPUT(wid1, output1)

next

FCLOSE(wid1)

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC 証明書ダイアログ表示時の自動処理

ボタン押下時に証明書のダイアログが表示されますが、 自動的に「OK」をクリックして閉じるサンプルです

invitation_banner117

UWSC げん玉で毎日自動的におこづかいを入手する簡単な方法

げん玉に登録してください UWSCスクリプトを実行する 毎日ログインし、以下を実行してください。 毎

WS000001

UWSC Excelを全て閉じる

Excelを読み取りIEで自動処理を行う開発はよく行います。 開発中にデバッグしたりしていると、Ex

WS000001

UWSC URLの最後のスラッシュを除去する

if copy(url, length(url), 1) = “/” then url = copy

WS000001

UWSC マウス座標の確認

座標を合わせているはずなのに異なる座標を マウスが示している場合、簡易なプログラムで 実作業の確認が

WS000001

UWSCでTwitter自動ログイン

Twitterに自動ログインするサンプルを作成しました。 UWSC本体、サンプルUWSファイル、実行

WS000001

UWSCで配列をランダムにシャッフル(並び替え)したい

Procedure shuffleAry(var keys[]) for i = 0 to leng

WS000001

UWSCで例外処理とログ出力

使用時、使用するuwsファイルのある場所に「log」フォルダを作成してください。 ログフォルダ内に以

invitation_banner117

げん玉がキャンペーン中です

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる!    ~ポイントポータルサイト げん玉~  ★ネッ

WS000001

UWSC ランダムパスワード作成処理

ランダムパスワードを作成する処理です。 lenに文字数を指定してください。 function Get

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>