UWSC Excelを読み取り専用で開く、上書き確認なしで閉じる

      2016/05/28

UWSCでExcelを扱う際、読み取り専用で開きたい、上書き確認なしで閉じたい、
というのは本当によく使います。

以下に記載しますので参考にしてください。

	EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
	EXCEL.visible = false
	EXCEL.Workbooks.open(filename, ReadOnly:=true)

	EXCEL.DisplayAlerts = False
	EXCEL.ActiveWorkbook.Close
	EXCEL.DisplayAlerts = True

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC Excelを全て閉じる

Excelを読み取りIEで自動処理を行う開発はよく行います。 開発中にデバッグしたりしていると、Ex

WS000001

UWSC フォルダからファイル一覧を取得し、配列にパスを設定する

UWSC実行フォルダ下にあるinputフォルダから CSVファイルの一覧を取得するサンプルです。 ※

WS000001

UWSC IE起動テンプレート

UWSCで対象のURLにアクセスする際に使用するテンプレートファイルです。 UWSCを起動し、「.u

WS000001

UWSC マウス座標の確認

座標を合わせているはずなのに異なる座標を マウスが示している場合、簡易なプログラムで 実作業の確認が

WS000001

UWSCでTwitter自動ログイン

Twitterに自動ログインするサンプルを作成しました。 UWSC本体、サンプルUWSファイル、実行

WS000001

UWSCで指定座標をクリック

①IEでYahooを表示 ②IEを最大化 ③ヤフオク!をマウス左クリック ④5秒停止 ⑤終了 という

WS000001

UWSC 文字コードを指定してファイルを保存する

CSVファイルを出力するサンプルです。 F_WRITE1 の部分で文字コードを指定できます。 F_W

WS000001

UWSC 最新ダウンロード(サイトが消えた?)

UWSCのページが消えてしまったようで。。。 UWSC 上記から最新版(最終版?)のダウンロードが可

WS000001

UWSC 改行コードの削除

改行を全て削除する方法です。 ※CRやLFの説明は省略します。 test = replace(tes

WS000001

UWSC URLの最後のスラッシュを除去する

if copy(url, length(url), 1) = “/” then url = copy

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>