UWSC Excelを読み取り専用で開く、上書き確認なしで閉じる

      2016/05/28

UWSCでExcelを扱う際、読み取り専用で開きたい、上書き確認なしで閉じたい、
というのは本当によく使います。

以下に記載しますので参考にしてください。

	EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
	EXCEL.visible = false
	EXCEL.Workbooks.open(filename, ReadOnly:=true)

	EXCEL.DisplayAlerts = False
	EXCEL.ActiveWorkbook.Close
	EXCEL.DisplayAlerts = True

 -uwsc

  関連記事

invitation_banner117

UWSC げん玉で毎日自動的におこづかいを入手する簡単な方法

げん玉に登録してください UWSCスクリプトを実行する 毎日ログインし、以下を実行してください。 毎

WS000001

UWSC 最新ダウンロード(サイトが消えた?)

UWSCのページが消えてしまったようで。。。 UWSC 上記から最新版(最終版?)のダウンロードが可

WS000001

UWSC URLの最後のスラッシュを除去する

if copy(url, length(url), 1) = “/” then url = copy

WS000001

UWSC 文字コードを指定してファイルを保存する

CSVファイルを出力するサンプルです。 F_WRITE1 の部分で文字コードを指定できます。 F_W

WS000001

UWSCでIE11を起動し、デベロッパーツールでユーザーエージェント(UA:UserAgent)を変更

E11のデベロッパーツールを利用して、UserAgentを変更してサイトにアクセスするサンプルです。

WS000001

UWSC ランダムパスワード作成処理

ランダムパスワードを作成する処理です。 lenに文字数を指定してください。 function Get

WS000001

UWSCで指定範囲のランダム値を取得

ハイフン区切りで数値の範囲を範囲指定することで、範囲内でのランダムな値を取得。 例えば10から30の

WS000001

UWSC IE11の通知バーから「名前を付けて保存」を選択する方法

なんとかIEの制御でできないかやってみたのですが なかなか難しく・・・ 結果として、以下の方法で実現

WS000001

UWSCでキャッシュ削除

IEのキャッシュを削除 キャッシュの容量が多い場合は少し時間がかかりますので、 Sleep(秒数)

WS000001

UWSC IE起動テンプレート

UWSCで対象のURLにアクセスする際に使用するテンプレートファイルです。 UWSCを起動し、「.u

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>