UWSC げん玉で毎日自動的におこづかいを入手する簡単な方法

   

げん玉に登録してください

UWSCスクリプトを実行する

毎日ログインし、以下を実行してください。
毎日おこづかいが得られます♪

try

	IE = GETACTIVEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")

	atags = IE.document.getElementsByTagName("a")

	for i = 0 to atags.length - 1
		if "http://www.gendama.jp/forest/" = atags.item(i).href then
			atags.item(i).click()
			BusyWait(IE)
			break
		endif
	next
	
	image_list = IE.Document.Images
	
	for i = 0 to image_list.length - 1 
	
		// 詳しく見て1ポイント(forest_bt1.gif)
		if pos("forest_bt1.gif", image_list.item(i).src) > 0 then
			image_list.item(i).click()
			BusyWait(IE)
		endif
		
		// 毎日必ず1ポイント(bt_day1.gif)
		if pos("bt_day1.gif", image_list.item(i).src) > 0 then
			image_list.item(i).click()
			BusyWait(IE)
		endif
		
		// 5ポイント(star.gif)
		if pos("star.gif", image_list.item(i).src) > 0 then
			image_list.item(i).click()
			BusyWait(IE)
		endif
	next

except
	msgbox(TRY_ERRLINE + " " + TRY_ERRMSG)
ENDTRY

Procedure BusyWait(ie)

	Sleep(0.5)  // Wait
	Const TIME_OUT = 300
	tm = Gettime()
	repeat
	Sleep(0.3)
	ifb Gettime() - tm > TIME_OUT
		// MsgBox("Time Out:BusyWait")
		ExitExit
	endif
	until (! ie.busy) and (ie.readyState=4)
	Sleep(0.5)
  
Fend

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC マウス座標の確認

座標を合わせているはずなのに異なる座標を マウスが示している場合、簡易なプログラムで 実作業の確認が

WS000001

UWSC 画像URLを保存する

DOSコマンドで画像保存が可能です。 doscmd(“bitsadmin.exe /transfer

WS000001

UWSCで指定座標をクリック

①IEでYahooを表示 ②IEを最大化 ③ヤフオク!をマウス左クリック ④5秒停止 ⑤終了 という

b09ab07a411e8f80f1032b3672b7949500dcd4a26fc01b85d0c6ce174b085f26_176713_130

ダウンロードの停止 ならびにダウンロード方法の変更

ダウンロードについて全て削除しました。 今まで公開していたサンプル等は別の形でダウンロード できるよ

WS000001

UWSCでTwitter自動ログイン

Twitterに自動ログインするサンプルを作成しました。 UWSC本体、サンプルUWSファイル、実行

WS000001

UWSC 証明書ダイアログ表示時の自動処理

ボタン押下時に証明書のダイアログが表示されますが、 自動的に「OK」をクリックして閉じるサンプルです

WS000001

UWSCで配列をランダムにシャッフル(並び替え)したい

Procedure shuffleAry(var keys[]) for i = 0 to leng

WS000001

UWSC MySQLへのODBC接続

MySQLへの接続で少しはまってしまいました。 以前Accessに接続した際は以下で問題ありませんで

WS000001

UWSC 「Web ページからのメッセージ」でOKボタンを押下する

以下の例ではボタン押下2秒後に”OK”を押下して閉じます。 Thread P

WS000001

UWSCで例外処理とログ出力

使用時、使用するuwsファイルのある場所に「log」フォルダを作成してください。 ログフォルダ内に以

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>