UWSC 現在日時の取得とフォーマット

   

GETTIME()で現在時刻が取得され、変数に設定されます。

変数に設定された値はそれぞれ以下の値を用いて利用可能です。


G_TIME_YY


G_TIME_MM


G_TIME_DD


G_TIME_HH


G_TIME_NN


G_TIME_SS

変数の後ろに数値をつけることで、桁数のフォーマットが行われます。

GETTIME()
date = G_TIME_YY4 + “/” + G_TIME_MM2 + “/” + G_TIME_DD2 + ” ” + G_TIME_HH2 + “:” + G_TIME_NN2 + “:” + G_TIME_SS2

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSCでTwitter自動ログイン

Twitterに自動ログインするサンプルを作成しました。 UWSC本体、サンプルUWSファイル、実行

WS000001

UWSC 証明書ダイアログ表示時の自動処理

ボタン押下時に証明書のダイアログが表示されますが、 自動的に「OK」をクリックして閉じるサンプルです

WS000001

UWSC ランダムパスワード作成処理

ランダムパスワードを作成する処理です。 lenに文字数を指定してください。 [java] funct

WS000001

UWSC IEを全て閉じる

UWSCでIEを利用するケースが多々ありますが、 起動時や終了時にIEをきれいにしておきたいことがあ

WS000001

UWSCでキャッシュ削除

IEのキャッシュを削除 キャッシュの容量が多い場合は少し時間がかかりますので、 Sleep(秒数)

WS000001

UWSCで指定座標をクリック

①IEでYahooを表示 ②IEを最大化 ③ヤフオク!をマウス左クリック ④5秒停止 ⑤終了 という

WS000001

UWSCで配列をランダムにシャッフル(並び替え)したい

[java] Procedure shuffleAry(var keys[]) for i = 0

WS000001

UWSC IE11の通知バーから「名前を付けて保存」を選択する方法

なんとかIEの制御でできないかやってみたのですが なかなか難しく・・・ 結果として、以下の方法で実現

b09ab07a411e8f80f1032b3672b7949500dcd4a26fc01b85d0c6ce174b085f26_176713_130

ダウンロードの停止 ならびにダウンロード方法の変更

ダウンロードについて全て削除しました。 今まで公開していたサンプル等は別の形でダウンロード できるよ

WS000001

UWSC フォルダからファイル一覧を取得し、配列にパスを設定する

UWSC実行フォルダ下にあるinputフォルダから CSVファイルの一覧を取得するサンプルです。 ※

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>