UWSC ランダムパスワード作成処理

   

ランダムパスワードを作成する処理です。

lenに文字数を指定してください。

function GetRandomePassword(len)

	phrase1 = ""
	phrase1 = phrase1 + "ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ"
	phrase1 = phrase1 + "abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"
	phrase1 = phrase1 + "0123456789"

	phrase2 = ""
	phrase2 = phrase2 + "ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ"
	phrase2 = phrase2 + "abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"

	phrase3 = "0123456789"

	password = ""
	for i = 1 to len
	
		n = random(3)
	
		if n = 0 then
			password = password + copy(phrase1, random(length(phrase1)), 1)
		endif
		
		if n = 1 then
			password = password + copy(phrase2, random(length(phrase2)), 1)
		endif
		
		if n = 2 then
			password = password + copy(phrase3, random(length(phrase3)), 1)
		endif
		
	next

	result = password
	
fend

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC IEで表示最大化&最前面化

今回はIEを起動、Yahooを表示した後に最大化と最前面化を行います。 5秒経過後、終了します。 目

WS000001

UWSC Excelを全て閉じる

Excelを読み取りIEで自動処理を行う開発はよく行います。 開発中にデバッグしたりしていると、Ex

WS000001

ソラヒメ 自動レベル上げ&遠征ツール開発

ソラヒメでレベル上げ、遠征を自動的に行うツールを開発しました。 今のところ特に問題なく動作中です。

WS000001

UWSC 属性を削除する

例えば、disable属性がついて押下できないボタンか ら属性を削除して押下できるようにします。 a

WS000001

UWSC 現在表示されているタブと異なるタブのIEオブジェクトを取得

例えば、アンカータグのtarget属性が”_blank”の場合、ボタンクリッ

WS000001

UWSCでTwitter自動ログイン

Twitterに自動ログインするサンプルを作成しました。 UWSC本体、サンプルUWSファイル、実行

WS000001

UWSC 「Web ページからのメッセージ」でOKボタンを押下する

以下の例ではボタン押下2秒後に”OK”を押下して閉じます。 Thread P

WS000001

UWSCで指定範囲のランダム値を取得

ハイフン区切りで数値の範囲を範囲指定することで、範囲内でのランダムな値を取得。 例えば10から30の

WS000001

UWSC 文字コードを指定してファイルを保存する

CSVファイルを出力するサンプルです。 F_WRITE1 の部分で文字コードを指定できます。 F_W

WS000001

UWSC マウスポインタの下にある色を16進数で取得する

マウスポインタのを任意の位置に移動 MMV(x, y, 100) // ※xとyは任意の座標、100

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>