UWSC ランダムパスワード作成処理

   

ランダムパスワードを作成する処理です。

lenに文字数を指定してください。

function GetRandomePassword(len)

	phrase1 = ""
	phrase1 = phrase1 + "ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ"
	phrase1 = phrase1 + "abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"
	phrase1 = phrase1 + "0123456789"

	phrase2 = ""
	phrase2 = phrase2 + "ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ"
	phrase2 = phrase2 + "abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"

	phrase3 = "0123456789"

	password = ""
	for i = 1 to len
	
		n = random(3)
	
		if n = 0 then
			password = password + copy(phrase1, random(length(phrase1)), 1)
		endif
		
		if n = 1 then
			password = password + copy(phrase2, random(length(phrase2)), 1)
		endif
		
		if n = 2 then
			password = password + copy(phrase3, random(length(phrase3)), 1)
		endif
		
	next

	result = password
	
fend

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC 証明書ダイアログ表示時の自動処理

ボタン押下時に証明書のダイアログが表示されますが、 自動的に「OK」をクリックして閉じるサンプルです

WS000001

UWSC 文字コードを指定してファイルを保存する

CSVファイルを出力するサンプルです。 F_WRITE1 の部分で文字コードを指定できます。 F_W

WS000001

UWSCで例外処理とログ出力

使用時、使用するuwsファイルのある場所に「log」フォルダを作成してください。 ログフォルダ内に以

WS000001

UWSCでキャッシュ削除

IEのキャッシュを削除 キャッシュの容量が多い場合は少し時間がかかりますので、 Sleep(秒数)

WS000001

UWSC 属性を削除する

例えば、disable属性がついて押下できないボタンか ら属性を削除して押下できるようにします。 a

WS000001

UWSCで指定座標をクリック

①IEでYahooを表示 ②IEを最大化 ③ヤフオク!をマウス左クリック ④5秒停止 ⑤終了 という

WS000001

UWSCでTwitter自動ログイン

Twitterに自動ログインするサンプルを作成しました。 UWSC本体、サンプルUWSファイル、実行

WS000001

UWSCで指定範囲のランダム値を取得

ハイフン区切りで数値の範囲を範囲指定することで、範囲内でのランダムな値を取得。 例えば10から30の

WS000001

UWSC マウスポインタの下にある色を16進数で取得する

マウスポインタのを任意の位置に移動 MMV(x, y, 100) // ※xとyは任意の座標、100

invitation_banner117

UWSC げん玉で毎日自動的におこづかいを入手する簡単な方法

げん玉に登録してください UWSCスクリプトを実行する 毎日ログインし、以下を実行してください。 毎

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>