UWSC IEで表示最大化&最前面化

   

今回はIEを起動、Yahooを表示した後に最大化と最前面化を行います。

5秒経過後、終了します。

目的の画面の対象位置をクリックしたり、値を取得したりするには必須なアクションですね。

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSCで指定範囲のランダム値を取得

ハイフン区切りで数値の範囲を範囲指定することで、範囲内でのランダムな値を取得。 例えば10から30の

WS000001

UWSC 最新ダウンロード(サイトが消えた?)

UWSCのページが消えてしまったようで。。。 UWSC 上記から最新版(最終版?)のダウンロードが可

WS000001

UWSC URLの最後のスラッシュを除去する

[vb] if copy(url, length(url), 1) = “/&#8221

WS000001

UWSC 属性を削除する

例えば、disable属性がついて押下できないボタンか ら属性を削除して押下できるようにします。 [

WS000001

UWSC MySQLへのODBC接続

MySQLへの接続で少しはまってしまいました。 以前Accessに接続した際は以下で問題ありませんで

WS000001

UWSC IE11の通知バーから「名前を付けて保存」を選択する方法

なんとかIEの制御でできないかやってみたのですが なかなか難しく・・・ 結果として、以下の方法で実現

WS000001

UWSCで配列をランダムにシャッフル(並び替え)したい

[java] Procedure shuffleAry(var keys[]) for i = 0

WS000001

UWSC 証明書ダイアログ表示時の自動処理

ボタン押下時に証明書のダイアログが表示されますが、 自動的に「OK」をクリックして閉じるサンプルです

WS000001

UWSCで例外処理とログ出力

使用時、使用するuwsファイルのある場所に「log」フォルダを作成してください。 ログフォルダ内に以

WS000001

UWSC 「Web ページからのメッセージ」でOKボタンを押下する

以下の例ではボタン押下2秒後に”OK”を押下して閉じます。 [vb] Thr

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>