UWSCで例外処理とログ出力

   

使用時、使用するuwsファイルのある場所に「log」フォルダを作成してください。

ログフォルダ内に以下のような形式でログが出力されます。

2014/05/11 21:09:23 エラーが発生しました。
2014/05/11 21:09:23 3行目: TEST[0] = 1 TEST[0]:宣言のない配列です

前者がlog(文字列)で出力されるエラーです。
後者がUWSCから取得できる例外の発生個所、ならびに例外の内容です。

開発にお役立てください。

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC Excelを全て閉じる

Excelを読み取りIEで自動処理を行う開発はよく行います。 開発中にデバッグしたりしていると、Ex

invitation_banner117

UWSC げん玉で毎日自動的におこづかいを入手する簡単な方法

げん玉に登録してください UWSCスクリプトを実行する 毎日ログインし、以下を実行してください。 毎

WS000001

UWSC フォルダからファイル一覧を取得し、配列にパスを設定する

UWSC実行フォルダ下にあるinputフォルダから CSVファイルの一覧を取得するサンプルです。 ※

WS000001

UWSC 最新ダウンロード(サイトが消えた?)

UWSCのページが消えてしまったようで。。。 UWSC 上記から最新版(最終版?)のダウンロードが可

WS000001

UWSC IE11の通知バーから「名前を付けて保存」を選択する方法

なんとかIEの制御でできないかやってみたのですが なかなか難しく・・・ 結果として、以下の方法で実現

WS000001

UWSC マウス座標の確認

座標を合わせているはずなのに異なる座標を マウスが示している場合、簡易なプログラムで 実作業の確認が

WS000001

UWSC 「Web ページからのメッセージ」でOKボタンを押下する

以下の例ではボタン押下2秒後に”OK”を押下して閉じます。 [vb] Thr

WS000001

UWSCでIE11を起動し、デベロッパーツールでユーザーエージェント(UA:UserAgent)を変更

E11のデベロッパーツールを利用して、UserAgentを変更してサイトにアクセスするサンプルです。

WS000001

UWSC 文字コードを指定してファイルを保存する

CSVファイルを出力するサンプルです。 F_WRITE1 の部分で文字コードを指定できます。 F_W

WS000001

UWSC 現在日時の取得とフォーマット

GETTIME()で現在時刻が取得され、変数に設定されます。 変数に設定された値はそれぞれ以下の値を

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>