UWSC URLの最後のスラッシュを除去する

   

	if copy(url, length(url), 1) = "/" then
		url = copy(url, 1, length(url) - 1)
	endif

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC 証明書ダイアログ表示時の自動処理

ボタン押下時に証明書のダイアログが表示されますが、 自動的に「OK」をクリックして閉じるサンプルです

WS000001

UWSC IE11の通知バーから「名前を付けて保存」を選択する方法

なんとかIEの制御でできないかやってみたのですが なかなか難しく・・・ 結果として、以下の方法で実現

WS000001

UWSC ランダムパスワード作成処理

ランダムパスワードを作成する処理です。 lenに文字数を指定してください。 function Get

WS000001

UWSC Excelを全て閉じる

Excelを読み取りIEで自動処理を行う開発はよく行います。 開発中にデバッグしたりしていると、Ex

WS000001

UWSC 属性を削除する

例えば、disable属性がついて押下できないボタンか ら属性を削除して押下できるようにします。 a

WS000001

UWSCでIE11を起動し、デベロッパーツールでユーザーエージェント(UA:UserAgent)を変更

E11のデベロッパーツールを利用して、UserAgentを変更してサイトにアクセスするサンプルです。

WS000001

UWSC 画像URLを保存する

DOSコマンドで画像保存が可能です。 doscmd(“bitsadmin.exe /transfer

WS000001

UWSCで指定座標をクリック

①IEでYahooを表示 ②IEを最大化 ③ヤフオク!をマウス左クリック ④5秒停止 ⑤終了 という

WS000001

UWSC MySQLへのODBC接続

MySQLへの接続で少しはまってしまいました。 以前Accessに接続した際は以下で問題ありませんで

WS000001

UWSCで例外処理とログ出力

使用時、使用するuwsファイルのある場所に「log」フォルダを作成してください。 ログフォルダ内に以

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>