UWSC IE11の通知バーから「名前を付けて保存」を選択する方法

   

なんとかIEの制御でできないかやってみたのですが
なかなか難しく・・・

結果として、以下の方法で実現しました。

Alt + Nを押下

呼出し元のウィンドウ(IE)をアクティブにした後、
Alt + Nを押下してフォーカスを移し、Enter、↓キー、Enterで
対象を選択させてみました。

	ida = getid("test")
	
	ctrlwin(ida, ACTIVATE)
	sleep(0.5)
	ctrlwin(ida, TOPMOST)
	sleep(0.5)
	
	sckey(ida, VK_ALT, VK_N)
	sleep(1)
	
	sckey(ida, VK_DOWN)
	sleep(0.5)
	
	sckey(ida, VK_DOWN)
	sleep(0.5)
	
	sckey(ida, VK_RETURN)
	sleep(0.5)

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC 改行コードの削除

改行を全て削除する方法です。 ※CRやLFの説明は省略します。 test = replace(tes

WS000001

UWSC IEを全て閉じる

UWSCでIEを利用するケースが多々ありますが、 起動時や終了時にIEをきれいにしておきたいことがあ

WS000001

UWSC Excelを読み取り専用で開く、上書き確認なしで閉じる

UWSCでExcelを扱う際、読み取り専用で開きたい、上書き確認なしで閉じたい、 というのは本当によ

WS000001

UWSC IE起動テンプレート

UWSCで対象のURLにアクセスする際に使用するテンプレートファイルです。 UWSCを起動し、「.u

invitation_banner117

げん玉がキャンペーン中です

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる!    ~ポイントポータルサイト げん玉~  ★ネッ

WS000001

UWSCでキャッシュ削除

IEのキャッシュを削除 キャッシュの容量が多い場合は少し時間がかかりますので、 Sleep(秒数)

WS000001

UWSC ランダムパスワード作成処理

ランダムパスワードを作成する処理です。 lenに文字数を指定してください。 function Get

WS000001

UWSC 属性を削除する

例えば、disable属性がついて押下できないボタンか ら属性を削除して押下できるようにします。 a

WS000001

UWSCで指定範囲のランダム値を取得

ハイフン区切りで数値の範囲を範囲指定することで、範囲内でのランダムな値を取得。 例えば10から30の

WS000001

UWSC フォルダからファイル一覧を取得し、配列にパスを設定する

UWSC実行フォルダ下にあるinputフォルダから CSVファイルの一覧を取得するサンプルです。 ※

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>