UWSCで指定座標をクリック

   

①IEでYahooを表示
②IEを最大化
③ヤフオク!をマウス左クリック
④5秒停止
⑤終了

という処理を行っています。

③の部分はいろいろやり方がありますが、今回は指定座標の
クリックを行う方法です。

『対象ページを開いて指定座標をクリック』

これを応用するだけでも、いろいろなことができるようになります。

例えば、ブログランキングは1日1回は自分のサイトをクリックして
いいようなので、毎日自動でクリックさせる、等でしょうか。

手動で行わなければならないことを自動化することで、
その単純作業の時間を他に回せる、というメリットが
一番大きいと思います。

こういう小さな処理をいくつか作っておき、
時間が来たら自動的に起動する、ということが
出来ると楽しみも広がっていきます。

一度、UWSCの使い方とWindowsのタスク設定の仕方についても
触れておきたいと思います。

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSCでIE11を起動し、デベロッパーツールでユーザーエージェント(UA:UserAgent)を変更

E11のデベロッパーツールを利用して、UserAgentを変更してサイトにアクセスするサンプルです。

WS000001

UWSC Excelを全て閉じる

Excelを読み取りIEで自動処理を行う開発はよく行います。 開発中にデバッグしたりしていると、Ex

WS000001

UWSC フォルダからファイル一覧を取得し、配列にパスを設定する

UWSC実行フォルダ下にあるinputフォルダから CSVファイルの一覧を取得するサンプルです。 ※

WS000001

UWSC 「Web ページからのメッセージ」でOKボタンを押下する

以下の例ではボタン押下2秒後に”OK”を押下して閉じます。 [vb] Thr

WS000001

UWSC 現在表示されているタブと異なるタブのIEオブジェクトを取得

例えば、アンカータグのtarget属性が”_blank”の場合、ボタンクリッ

WS000001

UWSCでキャッシュ削除

IEのキャッシュを削除 キャッシュの容量が多い場合は少し時間がかかりますので、 Sleep(秒数)

WS000001

UWSC 改行コードの削除

改行を全て削除する方法です。 ※CRやLFの説明は省略します。 [vb] test = replac

WS000001

UWSCでTwitter自動ログイン

Twitterに自動ログインするサンプルを作成しました。 UWSC本体、サンプルUWSファイル、実行

WS000001

UWSC IE11の通知バーから「名前を付けて保存」を選択する方法

なんとかIEの制御でできないかやってみたのですが なかなか難しく・・・ 結果として、以下の方法で実現

WS000001

UWSC IEを全て閉じる

UWSCでIEを利用するケースが多々ありますが、 起動時や終了時にIEをきれいにしておきたいことがあ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>