UWSC 画像URLを保存する

   

DOSコマンドで画像保存が可能です。

doscmd("bitsadmin.exe /transfer htmlget " + 画像url + " " + 保存フォルダ名 + "\" + 保存ファイル名)

フォルダの自動作成も行うことでより実践的です。

	if FSO.FolderExists("<#DBL>" + dirname + "<#DBL>")
	else
		Doscmd("mkdir " + "<#DBL>" + dirname + "<#DBL>")
	endif

	imgtags = IE2.document.getElementsByTagName("img")
	for j = 0 to imgtags.length - 1
		if pos("product-detail lazysizes-display-clone lazyloaded", imgtags.item(j).outerHTML) > 0 then
			url= imgtags.item(j).src
			filename = j + ".jpg"
			doscmd("bitsadmin.exe /transfer htmlget " + url+ " " + dirname + "\" + filename)
		endif
	next

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC 証明書ダイアログ表示時の自動処理

ボタン押下時に証明書のダイアログが表示されますが、 自動的に「OK」をクリックして閉じるサンプルです

WS000001

UWSC 現在表示されているタブと異なるタブのIEオブジェクトを取得

例えば、アンカータグのtarget属性が”_blank”の場合、ボタンクリッ

WS000001

UWSC Excelを読み取り専用で開く、上書き確認なしで閉じる

UWSCでExcelを扱う際、読み取り専用で開きたい、上書き確認なしで閉じたい、 というのは本当によ

WS000001

UWSC IEで表示最大化&最前面化

今回はIEを起動、Yahooを表示した後に最大化と最前面化を行います。 5秒経過後、終了します。 目

WS000001

UWSC フォルダからファイル一覧を取得し、配列にパスを設定する

UWSC実行フォルダ下にあるinputフォルダから CSVファイルの一覧を取得するサンプルです。 ※

WS000001

UWSCで指定範囲のランダム値を取得

ハイフン区切りで数値の範囲を範囲指定することで、範囲内でのランダムな値を取得。 例えば10から30の

invitation_banner117

げん玉がキャンペーン中です

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる!    ~ポイントポータルサイト げん玉~  ★ネッ

WS000001

UWSC 「Web ページからのメッセージ」でOKボタンを押下する

以下の例ではボタン押下2秒後に”OK”を押下して閉じます。 Thread P

WS000001

UWSC 現在日時の取得とフォーマット

GETTIME()で現在時刻が取得され、変数に設定されます。 変数に設定された値はそれぞれ以下の値を

WS000001

UWSC 文字コードを指定してファイルを保存する

CSVファイルを出力するサンプルです。 F_WRITE1 の部分で文字コードを指定できます。 F_W

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>