UWSC 属性を削除する

   

例えば、disable属性がついて押下できないボタンか
ら属性を削除して押下できるようにします。

atags = IE.document.getElementsByTagName("a")
for i = 0 to atags.length - 1
  if pos("disabled", atags.item(i).outerHTML) > 0 then
    atags.item(i).classList.remove('disabled');
  endif
next

 -uwsc

  関連記事

WS000001

UWSC 画像URLを保存する

DOSコマンドで画像保存が可能です。 doscmd(“bitsadmin.exe /transfer

b09ab07a411e8f80f1032b3672b7949500dcd4a26fc01b85d0c6ce174b085f26_176713_130

ダウンロードの停止 ならびにダウンロード方法の変更

ダウンロードについて全て削除しました。 今まで公開していたサンプル等は別の形でダウンロード できるよ

WS000001

UWSC Excelを全て閉じる

Excelを読み取りIEで自動処理を行う開発はよく行います。 開発中にデバッグしたりしていると、Ex

WS000001

UWSC 文字コードを指定してファイルを保存する

CSVファイルを出力するサンプルです。 F_WRITE1 の部分で文字コードを指定できます。 F_W

WS000001

UWSC 現在日時の取得とフォーマット

GETTIME()で現在時刻が取得され、変数に設定されます。 変数に設定された値はそれぞれ以下の値を

WS000001

UWSC ランダムパスワード作成処理

ランダムパスワードを作成する処理です。 lenに文字数を指定してください。 function Get

WS000001

UWSC URLの最後のスラッシュを除去する

if copy(url, length(url), 1) = “/” then url = copy

WS000001

UWSC フォルダからファイル一覧を取得し、配列にパスを設定する

UWSC実行フォルダ下にあるinputフォルダから CSVファイルの一覧を取得するサンプルです。 ※

WS000001

UWSC 証明書ダイアログ表示時の自動処理

ボタン押下時に証明書のダイアログが表示されますが、 自動的に「OK」をクリックして閉じるサンプルです

WS000001

UWSC IE起動テンプレート

UWSCで対象のURLにアクセスする際に使用するテンプレートファイルです。 UWSCを起動し、「.u

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>